立てかけてあるiPhone

修理専門店なら中古iPhoneも修理可能!でもリスクもある!

銀色のiPhone

iPhoneは端末価格が高いため、壊れた場合は修理した方がコスパが良いというケースがあります。iPhone修理の専門店で修理費用も安く、自分で新品購入したiPhoneでなくても修理を受けることが出来ます。つまり、中古ショップやインターネットオークションで手に入れたものも、修理することが可能です。
しかし、手に入れた時点で間違いなく動作しているiPhoneなら問題ないものの、ジャンク品の修理はリスクがあります。例えば、液晶ディスプレイの破損という場合、動作確認が出来ないだけでなく、ロックが掛かったままのiPhoneもあり、iPhone修理を行っても使用できないというケースがあります。結果的にiPhone修理で費用だけが掛かってしまい、使えないiPhoneだけが手元に残ってしまいます。
セキュリティロックの解除は、iPhone修理の専門店では解除出来ないため、修理後の動作チェックも行うことが出来ず、確実に済んでいるかも確認出来ません。そのため、インターネットオークションで壊れたiPhoneを手に入れ、修理専門店で格安で修理して使用すると考えている場合は、少なからずセキュリティロックが解除されているかどうか事前に確認するのがポイントになります。

おすすめの記事

ニュース一覧

Top