立てかけてあるiPhone

即日や短時間にならないケースも!予約や確認が重要!

黒いiPhone

インターネットや街中で見掛けるiPhone修理の専門店の謳い文句は、『即日修理』や『最短〇〇分』といったものが多くあります。正規のiPhone修理が出来る修理プロバイダーと比較すると時間的な余裕がない場合には大きなメリットです。ショッピングモール内で営業するiPhone修理の専門店なら買い物の間にiPhone修理が完了してしまいます。
ですが、これらの広告内容だけに注目するのは危険性があります。あくまで、最短修理や即日修理引き渡しの条件は、部品在庫があることや修理順番待ちが無いということです。iPhone修理の専門店では、予約制で営業を行っているケースもあり、飛び込みでのiPhone修理が後回しになってしまうこともあります。また、部品在庫がなく、修理に数日間を要することもあるため、iPhone修理の専門店を利用する際は、事前に部品在庫があるかどうか、そして予約受付を行うことです。
例えば、『最短15分から』と広告を出しているiPhone修理の専門店に依頼をして、その日に修理が終わらない状況であれば、無駄足になってしまいます。また、順番待ちや部品取り寄せによる修理期間の長期化による問題を解決するため、代替機の無料貸出サービスがあるかどうか電話で確認することもおすすめです。

おすすめの記事

ニュース一覧

Top